真空成型・真空圧空成型

真空成型・真空圧空成型

真空成型・真空圧空成型

熱成型の中でも広く採用される成型方法でダイシン化工が最も得意とする加工方法です。
当社では、真空成型製品の企画からデザイン・図面作成、試作品製作・性能テスト、製造まで一貫した生産体制でお客様の多用なニーズにお応え致しております。

真空成型・真空圧空成型とは

真空成型(真空成形)は、熱可塑性樹脂シートをヒータで加熱軟化させた後、金型に設けられた真空孔より真空吸引し、大気圧でシートを型に密着成型し、冷却硬化させて成型する方法です。 真空圧空成型(真空圧空成形)は、プラグ突き上げと同時にプラグ側から圧縮エアーを加える事により大気圧にかわって大きな成型圧力でシートを金型に密着成型する方法です。

真空成型・圧空成型

真空成型(成形)の特徴

真空成型・真空圧空成型
  • 1

    深絞り(高さのある)や
    複雑な形状の成型が可能

  • 2

    透明PPの成型が可能

  • 3

    弊社独自の
    切れやすいミシン目加工が可能

  • 4

    シャープな成型が可能

  • 5

    蒸気抜け加工製品の成型が可能

  • 6

    延伸シート以外の
    多様なシートに対応

真空成型の製品事例

  • 食品容器 蓋材

    食品容器 蓋材

  • 農資材トレー

    農資材トレー

  • 冷凍トレー

    冷凍トレー

  • 医薬部外品トレー

    医薬部外品トレー

  • 化粧品トレー

    化粧品トレー

  • 丼容器

    丼容器